ジャーニーとモアイとめがね

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

megayaのブログ

おもしろいと思ったことを書きます。デイリーポータルZでも記事を書いてます。

The Mirrazが最高にロックだからもっと聴いてほしい

The Mirrazが大好きだ


僕は中学生くらいのときから日本のロックバンドが好きで聴いている。

好きなバンドはたくさんあるのだけれど、ずっと好きなグループはASIAN KUNG-FU GENERATIONやBUMP OF CHICKENなどが挙げられる。この2グループは聴き逃ししている曲もあるかもしれないが、アルバムが出る度に必ず聴いている。


僕がそれらのグループ以外にも社会人になった今でも聴いているグループがいる。それがThe Mirrazだ。

 

このバンドとにかく僕は歌がツボで、世の中を皮肉った歌詞を早口で歌い上げ、爽快で聴いていてスカッとする。

それから「ロック界を変えてやろうぜ」的な熱い意気込みがボーカルの畠山さんから伝わって来てすごく好き。熱量をものすごく感じる。

 

まずはThe Mirrazのおすすめ曲を聴いてほしい

 

曲は恋愛系やコミックソング的なもの、ブラックジョークを交えたものなど幅が広い。

The Mirrazの楽曲は基本的に早口で歌い、同じ言葉を繰り返すという歌詞の形態が多い。気づいたら何回も聴いてしまっているのが怖い。

 

 

 

プロタゴニストの一日は

 

 

www.youtube.com

 

プロタゴニスト=主人公。

とにかくノリが良くてカッコイイ楽曲なのだけれど歌詞も良い。僕はこの曲を1分のサンプルで聴いたときに、そのカッコよさに震えてなんどもそのサンプルを聴いた。

この曲ほんと好き…

 

 

 

ハッピーアイスクリーム

 

www.youtube.com

 

1曲目と打って変わって恋愛の楽曲。
「ハッピーアイスクリーム」っていうのは同じ言葉を言ってしまったときに口ずさむ遊びみたいなもの。

ハッピーアイスクリームという言葉にかけて、恋人や大切な人との人間関係の難しさや幸せな感情を描いている。

 

「傷つけ合う=解り合う」だなんて
方程式は知りたくもないし
「傷つけ合う=解り合う」だなんて
方程式は知りたくもない
やり場もないし言葉も出ないし
生まれてきた感情をどうしよう
「傷つけ合う=解り合う」だなんて
方程式が世の中にある

 

同じ味覚、同じ聴覚、同じ視覚、同じ嗅覚、同じ触覚、
同じ感覚、同じ心、同じタイミング、
おなじおなじおなじおなじおなじおなじおなじおなじ
同じ言葉 僕はアルト 君はソプラノ
ってな具合に奏でるハーモニー
幸せと照れが混じり合う 奇跡みたいな時間 魔法の瞬間

 

 

このハッピーアイスクリームは5分という短い楽曲の中で、心に響く言葉がギュッと圧縮されている。

 

 

 

NEW WORLD

 

www.youtube.com

 

 

PVで歌詞が全部流れるので見ながら聴いて欲しい。これも曲がとにかくカッコよくて、現代の音楽界や芸能界を皮肉りながら、「周りの目なんか気にするな!」というメッセージ性が強い歌。聴いていてとにかく気持ちが良い。

めちゃくちゃ好きな楽曲で4年前くらい前に発売されたものなのだけど、少し前に「夜空はいつでも最高密度の青色だ」という池松壮亮が主演の映画のエンディング曲に抜擢された。

 

ミイラズ「NEW WORLD」が石井裕也監督最新作『映画 夜空はいつでも 最高密度の青色だ』エンディング曲に起用決定! – The Mirraz

 

 

 

世界一キレイなもの

 

www.youtube.com

 

 

ストックホルムで釣りをして キューケンホフ公園でマラソン

ノイシュヴァンシュタイン城で昼寝を ケルン大聖堂でかくれんぼ
青の洞窟で宝探し サグラダファミリアでロッククライミング
三游洞(サンイオウドン)で晩ご飯食べて 上海の夜景とお休みのキス

 

南極のペンギンの踊り ノーフォークビーチでコーギーのお尻
ふくろうの水浴びを手伝って ベニクラゲに若さの秘訣を学び
タテゴトアザラシを抱きしめ ノロジカとフェネックとおいかけっこ
潜水艦で沈没船を ジュゴンと一緒に探しに行こう

 

歌を聞きながら世界旅行をしているような気持ちになれる不思議な楽曲。

 

 

 

 

君の料理(レシピNo.2027)

 

www.youtube.com

 

 

「君の料理は最高だ」ということを歌いながら「自分自身には何ができるんだろう」ということを投げかけられるという歌詞の構成が好き。曲調は激しいのに音が優しい感じがして歌詞にも合っている。

The Mirrazの曲は風景が想像できるものもあり、これもその中の一つ。他にも「ただいま、おかえり」などもそういったタイプで名曲。

 

 

 

We Are The Fuck'n World

 

www.youtube.com

 

 

何曲か聴いているとわかると思うけど、歌詞に固有名詞がでてくるのもThe Mirrazの特徴的な面。この歌も「マクドナルド」「サイゼ」「ミスド」「ガスト」「スタバ」などがでてくる。

 

マクドナルド食べてもサイゼ、ミスド、
ガストもスタバだって2人なら最高のフルコース

 

聴き終わったあとにこの歌詞が頭から離れなくなっているはず。

 

 

 

ソシタラ~人気名前ランキング2009、愛という名前は64位です~

 

 

www.youtube.com

 


もし君と出会うのがもう少し早かったら〜というのを書いている曲。ベースの中島ケイゾーさんはこの楽曲を聴いて涙したことがあったという話もある。

 

 

 

 

 

他にもオススメ曲はいっぱいあるのだけど、長くなるので下記に列挙していく。

 

 

 

ふぁっきゅー 

 

www.youtube.com

 

 

TOP OF THE FUCK'N WORLD

 

www.youtube.com

 

スーパーフレア

 

www.youtube.com

 

僕らは

 

 

www.youtube.com

 

イフタム!ヤー!シムシム!

 

 

www.youtube.com

 

 

観覧車に乗る君が夜景に照らされてるうちは

 

www.youtube.com

 

 

check it out!check it out!check it out!check it out!

 

www.youtube.com

 

 

 

うるせー

 

www.youtube.com

 

 

 

この惑星のすべて

 

www.youtube.com

 

 

 

 

 

オススメのアルバム

 

本当はもっとおすすめの楽曲張りたかったのだけど、PVがあるものしか貼れなかったのであとはおすすめのアルバムを貼っておきたいと思う。

 

 

 

BEST! BEST! BEST!

BEST! BEST! BEST!

 

 

 

ベストあるのでまずはそれを買えば良いと思う。初期からのシングルの楽曲から入っている。けど僕はベストアルバムよりも以下の3枚の方が好き。

 

 

 

 

OPPORTUNITY

OPPORTUNITY

 

 

 

We Are The Fuck’n World

We Are The Fuck’n World

 

 

 

TOP OF THE FUCK’N WORLD

TOP OF THE FUCK’N WORLD

 

 

 

 

上記の3枚は本当に好きなアルバム。特にOPPORTUNITYの完成度はものすごい高いと思う。曲が全部好き。

 

 

 

 

夏を好きになるための6の法則

夏を好きになるための6の法則

 

 

 

こちらはミニアルバムなのだけれど、初期の良さを残しつつ進化したThe Mirrazが感じられる名盤。ある程度聴いたあとにこちらに手を出してみて欲しい。

 

 

 

 

世の中をぶった切る曲、繊細で心にグッとくる歌詞、意味のない言葉の羅列…とにかく曲の幅が広い


 

The Mirrazの曲を一通り聴けばわかると思うのだけど、とにかく歌の幅が広い。

 

2000年代の洋楽を吸収せずにほらもう2013年だ
今K-POPが勢いを増してる
ヒットチャートは相変わらずのアイドル人気だ
それは悪いことじゃないんだが音楽性が進歩してないと思うんだ

 

「NEW WORLD」より抜粋

 

先生そういや習った数学が多いに役に立ってます
お国のお金を使ってバレずに貯金も支持も得ちゃってます
生まれたってだけで国民になってる 俺は全然知らねーよ
NHKなんか観てねーよ
つまんねーニュース そんな金払えるかよ 

 

「ふぁっきゅー」より抜粋

 

世の中に対して不満があることをぼかすことなく、ハッキリと歌詞にする超攻撃的な曲も多い。

その一方で恋や愛と言った繊細な心の機微を歌った曲も多く存在する。

 

いつまでも続くものがあるのかなぁ
ドラゴンボールも終わってしまったし
ワンピースも終わってしまうんだろうな
大好きなものが終わっていく
大好きなものはいつか終わってしまう
お互いに忙しい毎日で会う時間も少なくて
すれ違いだらけで ねぇ君はどう思う?
終わらないものなんてこの世界にほんとにあるのかなぁ?
君がもしも先に死んで1人になっても
これは終わらないようにするよ
僕が先に死んでしまっても
終わらないようにしてくれたらすごく嬉しい

 

「ただいま、おかえり」より抜粋

 

「ただいま、おかえり」は歌詞が全体で物語のようになっていて素晴らしいのでぜひ聴いてみてほしい。

 

また、コミックソングのようなものも数多く存在する。例えばSUSHI A GO!GO!GO!という歌はタイトル通りに寿司の歌なのだけれど、ただひたすらに「SUSHI A GO!GO!GO!」と歌っているだけなのである。


The Mirrazの話になると必ずあがるのが「Arctic Monkeysの楽曲のパクリだ!」ということ。

自らも影響を受けていると公言している。こういった件に関しても曲の歌詞の中であえて触れたりしていておもしろい。

 

本当に楽曲の幅が広くて聴いていて飽きない。

 

 
常に変化していく

 


バンドと言えば当たり前だけど「そのバンドの音楽」が好きでファンがついてきてくれる。だからファンに期待されている曲をだすために、バンドの方向性を変えづらい部分もあると思う。

また長年続いているバンドは「変化」するよりも自分たちの音楽を「熟成」させて、その良さを突き詰めているような印象を受けることが多い。

The Mirrazのすごいところは常にバンドが変わっていくというところだ。アルバムごとにテイストがまったく変わっている。

 

初期はガレージロックと呼ばれるビートルズやストーンズのような曲調のものが多かったのだが、最近はEDMを取り入れたエレクトロック調のものが多くなっていた。

 

 

ぼなぺてぃっ!!!(初回限定盤)

ぼなぺてぃっ!!!(初回限定盤)

 

 (ぼなぺてぃっ!!!というアルバムは特にその傾向が強い)



こういった変化を思いっきり取り入れるのがおもしろい。もちろんガレージロックが好きだったThe Mirrazファンもいるので賛否両論ではある。

 

「このままThe Mirrazは EDMロック路線でいくのかなー?」と思っていた矢先に2017年の4月1日に発売された配信限定アルバムのMr.KingKongは、再びガレージロックバンド調に戻ってきた。

初期の頃からの正統進化といった形で、サンプルを聴いて僕も発売日にすぐに買った。改めてThe Mirraz最高と言いたい。

 

 

 

 言いたいことはとにかくThe Mirrazが好きだということ

 

とにかく僕はThe Mirrazが好きでこれからも彼らの曲は聴いていくと思う。アルバムが発売される度にワクワクする数少ないグループなので、これからもガンガン進んでいってほしい。

これ書くときに久しぶりに昔のアルバムの曲も聴いたけどやっぱり良い。

 

 

 

 

その他のおすすめ記事 

 

 

 

www.megaya.net

 

 

www.megaya.net

 

 

www.megaya.net

 

 

www.megaya.net

 

 

www.megaya.net