ジャーニーとモアイとめがね

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

megayaのブログ

おもしろいと思ったことを書きます。デイリーポータルZでも記事を書いてます。

【日本一周】4日目:スタンドゲイミー【ママチャリ】

 
 
 
 
たららららぁーん♪
たららららぁん♪
たらららったったたらららぁーん♪
 
 
たららららぁーん♪
たららららぁん♪
たらららったったたらららぁーん♪
 
 
 
 

http://www.kyodo-tv.co.jp/frame/drama/dramaimg/logo/index_logo_yonimo21sp.jpg

 
 
 
 
 
あなたは今いる世界じゃない別の世界にいけるとしたらどうしますか?
 
 
戦争のない世界?
自由な世界?
アニメの世界?
自分が一番偉い世界?
女の子しかいない世界?
 
 
実は世の中にはそんな「異世界」への扉が案外近くにあるものです
 
 
 行きたいですか?
 
 
私は今の世界にいるのがいいと思いますけどね
 
 
 
おっと
 
 
今宵もまた異世界への扉を開けたものがいるようです
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 
 
さてさて
昨日は箱根峠を超えて必死に走って、バイパスを走って警察にお世話になりました
 

www.megaya.net

 
 
いやしかしバイパスを走っちゃいけないってのは、常識らしいね
知らないの俺だけだったみたいだね
 
 
次から気をつけよう
 
 
 
ベンチで寝たので身体が痛い
 
 
起きると公園でおじいさんが散歩してました
 
 

f:id:megaya0403:20150319215115j:plain

 

 

 

 

僕の格好は、安眠するために蚊対策で、夏にも関わらず、

 

上下ウインドブレーカーで、顔にはタオルぐるぐる巻、のミイラ男ですからね

 

 

おじさんが僕を見て、「古代エジプトの呪いか」と思ったのか、3度見くらいされました

 

しかし、近くにある荷物付きの自転車を見て、僕を人間だと判断したのか声をかけてきてくれました

 

 

「どっからきたの〜?」

 

「すごいね〜

こっからだとあの道がいいよー」

 

 

 

聞いていると、和むようなゆったりとした話しかたのおじいさん

 

色々と聞かれたり、道を教えてもらったり朝から助かりました

 

 

そのおじいさんはこの公園でたまに歯磨きをするのが日課らしい

 

 

なので公園の水飲み場の近くで、並んで歯を磨きました

 

なんて清々しい!

素晴らしい!!

 

 

 

そんなハミ友のおじいさんと別れて出発

 

 ※ハミ友 = 歯磨きを並んでする友達

 

 

 

 

静岡県の由比というところから、静岡市をめざします

 

 

 

 

 

昨日は師匠と出会い、ただの「家出」から本当に「日本一周」してやろうと気持ちを改めました

 

 

日本一周するなら色んなとこで気合を入れなおさねば、、、、

 

 

 

  

ということで、まずはいらないものを捨てようとおもいました

 

僕は完全に舐めてかかって旅を始めたので、いらいないものを腐るほど持ってきてましたからね

 

 

www.megaya.net

 

 

 

 

 

とりあえずなぜかもってきた参考書を4冊ほど捨てました

 

 

 

 

なんで参考書なんて持ってんねん!!!

 

 

 

と大声で突っ込みたいでしょう

 

 

なんで持ってきたかというと、出発前に

 

 

「旅してるときに勉強して賢くなってやろう!!

旅から戻ってきたときには、公務員にでもなってやんぜ!!」

 

 

とか思ってましたが、そんなのできるわけがありません

 

もうその考えが賢くないからね

 

 

 

てか邪魔すぎる

 

 

と思い、資源ゴミの回収場があったので、ジャンプの束の横に捨てて行きました

 

本を捨てるのは心が痛みましたが犠牲は止むを得ない

 

 

 

そんでこの日はひたすら漕いで一気に静岡市へ

 

 

 

 

静岡は田舎!!!

 

 

 

ってイメージでしたがやはり中心部は栄えてましたね

 

 

f:id:megaya0403:20150319221232j:plain

 
 
 
 
そんで、マックのジュースLが100円で飲めることを知り、スマホの充電がてらに寄る
 
 
 
マックで休憩し、iPhoneとiPhoneの充電器をたっぷりにして出発
 
 
 
 
 
しかし暑い
 
あついけどのどかでイイトコだな!
静岡は!!
 
 
 

f:id:megaya0403:20150319221331j:plain

 

f:id:megaya0403:20150319221348j:plain

 

 

お茶畑に映える景色が最高だぜ!!

 

 
おなかがすいたので休憩
 
 
橋の下で涼みながらラーメン
 
 

f:id:megaya0403:20150319221507j:plain

 
 

f:id:megaya0403:20150319221517j:plain

 
 
 
 
親子が河原で遊んでる横でラーメンを頬張る
 
 
子供に指さされて笑われたけど、多分気のせい
お父さんが「笑うんじゃない、ああ言う生き方だってあるんだ!」って言われた気がするけど、多分気のせい
ラーメンがしょっぱく感じるけど多分気のせい
 
 
 
川を出てからしばらく走って
 
静岡市を超えて少し進んだところで、暑さに耐えられず木陰で休んでいた
 
 
 
すると自転車が目の前で立ち止まった
 
 
 
 
「君、旅してるの?」
 
 
 
 
すげーかっこいい自転車乗ってる、30代半ばくらいの人に声をかけられました
 
 
そんで僕が
 
「自分を変えたくて旅をしてるんですよ」
 
 
狩野英孝も驚くようなかっこつけぶりを発揮すると、めちゃくちゃ興味をもってくれたみたいで、すごいいっぱい質問されました
 
 
 
そんで
 
 
「少し一緒に走ろうよ!」
 
 
 
と言われ僕のペースに合わせて、ゆっくり走りながら会話
 
 
 
 
聞いてみると自転車は25万くらいしたらしく、さらに色々と改造してるのでかなりかかってるらしい
 
3万もしないチャリに乗ってるのが恥ずかしい
 
 
 
結局10km近く一緒に走ってお別れ
 
 
なんでも毎日30km以上は走ってるらしい
 
ほんとに好きなんだな
 
 
 
 
最後は握手を求められたので、「後楽園で僕と握手」気分でがっちり手を握る
 
 
 
 
いやー
旅っていいねー!!
 
 
 
 
今日も進んで走ってひたすらに行って、なんと一気に浜松へ
 
 
 
 
今日もけっこう走ったなー!
 
時刻はなんと20時
 
 
昨日師匠に会ってから、やっぱやる気がでましたね!
かなり走りました
 
 
 
旅にでて4日目になり、ろくに服も洗ってないことに気づいた
 
そろそろ洋服が汗まみ泥まみれクソまみれだったので、コインランドリーに行くことに
 
 
 
コインランドリーには誰もいませんでした
 
椅子があったのでホッと一息
 
 
 
 
今日も頑張ったな
 
 
 
余韻にひたっていると、一人の外国人が入ってきました
 
 
 
コインランドリーの席は4人分ほどあり、僕は端っこに座っていました
 
 
 
中東系っぽい雰囲気の少し小太りの男性
 
 
 
その方も洗濯ものを入れて腰をおろしました
 
 
 
僕は別段気にせずボーっと座っていました
 
 
 
そしたらそのその方から話しかけられました
 
 
 
「アナタ、どこからきました?」
 
 
 
日本語は少しだけカタコトな感じですが、すごい上手な方でした
 
自転車を見て声をかけてくれたらしい
 
ただ
 
どこからきました?
 
って質問は思わず笑った
あなたがどっからきたの?
って聞きたくなるわ
 
 
そこから少し会話
 
 
 
 
 
ここでは彼をアリー(仮名)と呼ぶ
 
 
 
アリーは色々と質問してくれた
 
 
僕も外国の方と話せる機会なんて、今までほとんどなかったので、日本についての印象なと色々聞いて見た
 
 
 
とても楽しい時間だった
 
 
 
コインランドリーで服を洗う時間を、どう潰すか迷っていたのでアリーの存在はとても助かった
 
 
 
アリーは僕に色々と話した
 
 
「スゴイですねー旅なんて!」
 
「運動スキですか?」
 
「日本はイイトコです」
 
 
 
 
少し会話に間が空いたときに
 
ふいにアリー質問された
 
 
ア「アナタはー、恋人いますか?」
 
 
 
僕「いないですよ!アリーさんは?」
 
 
 
ア「ワタシもいませーん。こないだバイバイしちゃいました」
 
 
 
僕「どんな人だったんですか?」
 
 
 
ア「とてもたくましくて、ツヨイ人でした」
 
 
 
 
強い女性が好きなんだな
アリーの国では女の人が上に立つのかな?
 
 
なんて考えていると
 
 
 
アリーはまた質問してきた
 
 
 
 
 
ア「あなたは恋人欲しいですか?」
 
 
 
僕「やっぱりいた方が楽しいですよね。誰でもいいんですけどねー(笑)」
 
 
 
するとアリーは高い声で「ワオ!」と驚いた
なにに驚いたのかわからなかったが、アリーの目は先ほどより輝いていた
 
 
ア「アナタは恋人として………………はダイジョブですか?」
 
 
 
 
正直コインランドリーなので、洗濯物回す音でよく聞こえなかった
 
 
とりあえず恋人の話題だったので
 
 
 
 
僕「あーそうですねー!」
 
 
 
みたいに曖昧に答える
 
 
 
するとアリーはさらに喜んで
 
「ワァーオ!ワァーオ!」
 
 
と喜んでいた
 
 
なんだ?
 
 
 
テンションの上がり方がわからん
 
 
 
そしてなぜ席を少し詰めてくる
 
 
 
4人分ある席の端っこ同士に座っていたのに、なぜか間が一席分しかなくなっている
 
 
なんだこれ?
ゾーンプレスか?
 
 
 
 
 
 
ア「ワタシはアナタのことが気に入りました!
ワタシ達は友達ですよね?」
 
 
 
 
 
僕「それはよかったです
僕も友達に慣れてよかったです」
 
 
 
 
 
ア「ワタシも今日の出会いに、ほんとにカンシャしてます
あなたは私のコト好きですか?」
 
 
 
 
 
僕「そーですね〜」
 
 
 
 
と曖昧に答えた瞬間のアリーの目が見開いた
 
獣の目だ
 
 
その瞬間、僕は異様な何かを察していた
 
熱気というかなんとゆうか
 
 
感じたことのない異様な空気
 
 
 
背中に冷や汗を感じる
 
 
 
 
そう感じた瞬間にアリーは素早く席を詰めてきた
 
 
 
 
 
もう怖いなんてもんじゃなかった
 
もしも
 
もしもアリーがそうだとしたら、今日僕は人としての命日を、
 
男としての命日を迎えることかもしれない
 
 
足が震える
 
 
 
 
アリーはおもむろに携帯を広げて僕に見せてきた
 
 
 
ア「実はワタシはこうゆう人なんです」
 
 
 
 
携帯をみると
 
 
とても綺麗な肉体美をもった、黒い海パンの眩しい男性が、仁王立ちでこちらに笑いかけていました
 
 
 
見せられたのはそうです
 
紳士と紳士が真摯に向き合い、寝室に新進していくサイト
 
 
そうです
 
 
 
 
男性の出会い系サイトでした
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
やっぱりぃぃぃぃぃぃぃぃぃーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!
 
 
これやばいぃぃぃぃぃーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!
 
 
 
 
 
 
もう頭の中は真っ白
 
汗はだらだら
 
 
 
え?もうこれどうしたらいいの?
 
隣に詰められてるしやばい
 
 
 
そうなのです
アリーは男性が好きな方なのでした
 
 
 
やばいです
 
 
感じたことのない恐怖を感じました
 
 
 
見ず知らずの土地で、見ず知らずの国の方に迫られている
 
 
 
 
ようやく実感しました
 
 
 
やばいやばいやばいやばい
 
やばいよやばいよぉ〜
やばいよぉ〜チェンやばいよぉ〜
 
 
頭の中で思わず出川哲朗が出てくるくらいやばい
 
 
 
大丈夫!
まだ逃げ道はある
 
 
 
「僕は女の子が好きなんです」
 
 
 
これさえ言えれば大丈夫
 
 
さぁ言うぞ!!
 
 
 
と気合を入れた瞬間にアリーが
 
 
 
 
ア「あなたはサッキ言ってましたよねー
男の人もダイジョブって」
 
 
 
 
ええええぇぇぇぇぇーーーー
 
 
 
 
 
俺がいつ言ったんだよ
 
 
 
 
そんな覚えは、、、、、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ア「アナタは恋人として………………はダイジョブですか?」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
あれかぁぁぁぁぁぁぁーーーーーー
 
 
 
 
 
 
ア「アナタは恋人として男性はダイジョブですか?」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こうゆうことかぁぁぁぁぁぁぁぁぁーーーーーーー
 
洗濯の音で聞こえなかったからって、適当に答えるんじゃなかったぁぁーーー
 
 
 
 
 
逃げ道がなくなった
 
八方塞がりなんてレベルじゃない
 
 
百ニ十八方塞がりくらいのもんだよ
日向ネジの八卦百二十八掌も驚くくらい手詰まりだよ
 
もはや逃げ道ねーよ
 
 
 
逃げ道ないどころか、、、、、
 
 
 
ねぇ、、、、
 
 
 
なんで?
 
なんで太ももちょっと触ってるんですか
 
 
逃げ道ないのに、さらに毒ガスみたいな気分ですよ
ヒトラーもびっくりの攻撃ですよ
 
 
 
 
僕も
 
 
「やめてください」
 
 
とは言えばよかった
 
 
 
 
 
しかし怖かった
 
もしもキレラれたら
 
 
 
もしも力ずくでこられたら
 
 
 
 
もしもナイフかなんか持ってたら
 
 
 
 
 
 
 
 
もうね
偏見なんですけどね
やっぱそんなに外国の方と関わったことがないので、怖いわけですよ
 
 
 
 
もう逃げたい
 
 
さすがに太ももは寒気が止まらなかったので、笑いながら足を組むことで回避した
 
 
太ももの鳥肌が、満員御礼のスタンディングオベーション状態ですよ
 
 
 
 
アリーは少し残念な顔をすると今度は思いついたようにぼくに提案した
 
 
 
 
恐怖の提案である
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ア「ワタシのうちに泊まりますか?」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アッーーーーーーーーーーー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
てな感じなワンナイトランデブーになってしまう
 
 
笑ってもっとbaby 
むじゃきにon my mind
映ってもっとbaby 
すてきにin your sight
みぞれまじりの心なら
 
アリー、my love so sweet♪
 
「いとしのアリー」なんて歌を出すハメになってしまう
 
 
人として終わる
男として終わる
そしてある意味では人生が始まってしまう
 
 
 
 
ここは断固として断ろう
 
 
そして華麗に
 
 
繊細に相手の怒りを買わないように
 
 
そう俺はスーパーネゴシエイター
 
 
脳をかつてないほど働かせ言葉を選んだ
 
 
 
 
 
 
 
 
僕「今回の旅は、僕自身の力を試したいんので、誰にも頼らないんでいきたんいです」
 
 
 
決まった
 
 
 
 
これは完全に決まった
 
 
どうだ!!!!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ア「カッコイイですね〜
やっぱりウチにきてください!」
 
 
 
 
 
 
決まったぁぁぁぁぁーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
別の意味で決まったぁぁぁぁぁーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
 
心いただきましたぁぁぁぁぁぁぁぁーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
 
 
 
余計に気に入られましたよ
 
 
 
 
 
その後も手を触ろうとしてきたり、再びの太ももに突入しようとしたりをかわしながら、洗濯ものが乾くのをまった
 
 
ほんとに地獄でした
 
 
 
 
その地獄から解放してくれる、洗濯物のの終了の合図の音がなりました
 
 
よし、急いで帰ろう、、、
 
 
それはもう脱兎の如く逃げよう
 
 
とにかく急いで洗濯物をカバンに詰める
 
 
 
しかし男の人が好きなだけで、アリーは決して悪い人ではありませんでした
 
 
むしろ人としてはとてもいい人だと思う
 
 
文化の違いとゆうか、
人として理解できないこともあるけど、声をかけてもらってうれしかったのも事実です
 
 
 
 
このまま強引にでていくのも気が引けたので、挨拶はちゃんとしてこうとアリーのほうを向いた
 
 
 
 
僕「アリー、俺もう行くよ
今日はありがとう」
 
 
 
 
ア「わかりました、ザンネンです」
 
 
 
しょんぼりアリー
 
 
 
 
僕が行こうとするとアリーが
 
 
 
ア「ワカリマシタ、、
ただお願いが一つだけあります」
 
 
 
 
 
 
お願いか、
 
旅は道ずれ世は情け
 
袖すり合うも他生の縁
 
 
 
最後くらいお願いを聞こう
 
友達としてなら全然お願いを聞こうじゃないか
 
 
野球で言うなら9回裏の2アウト
そこはなんとかしよう
 
 
 
 
 
アリーは口を開いた
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ア「ち○こを見せてください」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アウトォォォォォォォォォォーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
ゲームセットォォォォォォォォォォーーーーーー
 
 
 
 
 
僕は全力で逃げた
 
 
 
そりゃもう早かった
 
 
 
とにかく走った
 
 
 
 
しばらく走って公園らしきものを見つけたのでそこで寝ることにした
 
 
 
 
ほんとに怖かった
 
 
怖かったので公園のアスレチックの中で寝ることにした
 
 
 
 
 
あの目はマジな目だった、、、、、
 
 
 
 
 
僕は恐怖にかられながらも眠りについた
 
 
 
 
 
 
-------------------------------------------------------------------------------- 
 

場所

静岡県静岡市清水区由比今宿 ~ 浜松市中区千歳町

距離

113.3km
 
------------------------------------------------------------------------------
 
 
 

さていかがでした

別の世界


あなたは行って見たいですか?

今の世界のほうがいいんじゃないですか?




さて今宵も「世にも奇妙なホモ語り」は楽しんでいただけましたか?






おや

まだ物語は続いているようですね・・・・











-------------------------------------------------------------------------------------------







あの日は本当に辛かった、、、


本当にきつかった、、、


そんな感じだった





100キロくらい走ってたんだなー
このときはがむしゃらだったからなー



いやーしかしほんとに怖かった

マジでよかった


公園で寝てるときに襲われたらどうしようかと思ったよ!


ふぅーよかった!!

アリーさらば!!


ん、、、




ちょっと待てよ、、、



そーいえば、、



旅から戻ってきてから、トイレ行くと、、たまに尻から血が出るようになったような、、、





















アッーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー










たららららぁーん♪
たららららぁん♪
たらららったったたらららぁーん♪


たららららぁーん♪
たららららぁん♪
たらららったったたらららぁーん♪



 

世にも奇妙な物語?2011秋の特別編? [DVD]

世にも奇妙な物語?2011秋の特別編? [DVD]

 

 

 

世にも奇妙な物語 ~2013春の特別編~ [DVD]

世にも奇妙な物語 ~2013春の特別編~ [DVD]