ジャーニーとモアイとめがね

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

megayaのブログ

おもしろいと思ったことを書きます。デイリーポータルZでも記事を書いてます。

【日本一周】3日目: 弱虫ペダル読めば山登れると思いました(後編)【ママチャリ】

 
 
~前回のとってもわかりやすいあらすじ~
 
 
 
 
 
「おまえはいつか引き金を引ける男になれる」
 
 
託されたマシンガンの重みに戸惑うめがや
 
しかし刻一刻と地球滅亡へのカウントダウンはせまっている
 
 
ジョンの怒り
 
マイケルの悲しみ
 
シェリーの悲恋
 
ボブの憎しみ
 
ケインのコスギ
 
 
「なんでだよ!!目玉焼きにはマヨネーズだろ?!ソースなんて信じられねーよー!!」
 
そんな魂の叫びが富士Qハイランドに響き渡る
 
 
 
 
 
 
 

 


 
 
 
さて
 
箱根の峠を超え疲労困憊の僕は、初の県越えで静岡に突入しました
 
眠れそうな良さげな河原を見つけ、土手でゆったりとしていました
 
 
 
 
今日はほんとに頑張ったなー
箱根の峠も越えたし、ほんとにすごい疲れた
 
けっこう進んだんじゃないかな?
 
大変だったけど終わればすべてよしだな!
 
 
明日も頑張ろう!
 
 
 
と感傷に浸っていると背後から声をかけられた
 
 
 
 

 
   
 
 
30半ばのおじさんが
 
 
 
「旅してるの?」
 
 
と声をかけてきてくれた
 
話を聞くと、なにやらおじさんはママチャリで日本一周をしたことがあるらしく、様々なことを教えてくれた
 
四国がきつかった話や九州の話
 
どの道がいいとか悪いとか
 
ものすごい坂を登り切ったことで自分の中で自信になったこと
 
精神的に成長したこと
 
ライターのフリをしてお店に入ると色々と面白いこと
 
 
 
このおじさんとの会話はすごい役に立ちそうな話ばかりあった
 
そしてとてもおもしろかった
 
 
 
実は僕はこの時、日本一周を目指していたわけではなかった
ただただ家出をして、ほどぼりが冷めたら家に帰ろうと思っていた
 
 
 
しかしこのときに決意した
 
 
どうせなら日本一周をしてみよう
 
 
やるならとことんやってろう
 
 
 
静かに心の中で決心した
断固たる決意だ
 
 
そんで会話も盛り上がり、ひと段落したところで、おじさんは衝撃の一言を放った
 
 
 
 
「箱根峠超えてきたのかー。時間もまだ早いし、距離的にあと30kmはいけるな!」
 
 
 
 
 
ええーーーー!
 
今日休もうと思ってたんですけど!!
 
 
 
 
そして間髪入れずに
 
 
 
「よしついてきな!」
 
 
 
おじさんは自分のママチャリに乗って、俺にこいと合図した
 
 
当然断れるわけもなくついていく
早くも決意が揺らぐ
 
 
 
 
少し走っておっちゃんが止まった
なにやら買い始めた
 
 
おっちゃんはそれをカゴに入れて再び走りだした
夕飯の買い物だろう
 
 
 
そして海沿いの静岡市への近道を案内してもらった
 
 
 
 
「おっちゃんありがとう!
おれ頑張るよ!」
 
 
 
と言うと
 
おっちゃんはカゴに入れたものをぼくに渡してきた
 
 
 
 
「こんなものしか渡せないけど頑張れよ!」
 
 
 
そう言っておっちゃんは去って言った
 
 
中を開けてみると
 
 
なんと
 
 
 
 
 

f:id:megaya0403:20150311223437j:plain



 
 
 
 
 
 
うわーーー
 
うれしいーーー!
 
 
 
 
 
僕は遠くなるおっちゃんに
 
 
 
「ありがとございます!!!」
 
 
と大きな声で言った
おっちゃんは腕を天高くあげ、拳をつきあげ去って行った
 
あの大きい背中!
その拳を突き上げた後ろ姿!まさに一片の悔いなし!
 
 
 
 
かっけー!
めちゃくちゃいい人!
 
 
 
師匠や
わいの師匠は静岡にいたんや
 
ということでおっちゃん改めソウルネーム「師匠」に別れをつげた
 
 
 
 
 
そして沼津の海を見ながらパンを頬張る
 
おいしいなぁ
優しいなぁ
 
 
 
 
 
そして元気が湧いてきたのですぐに出発!
 
師匠に元気づけられて、本当に静岡市までいってやろうと思った!
 
 
 
師匠、おれやります!!
 
 
 
 
海沿いをひたすら走る
 
 
師匠が教えてくれただけあって、海岸沿いの歩道をひたすら走るだけだった
 
 
楽だし気持ちいい
 
 
午前中に箱根を登ってたのが、嘘みたいに身体が軽い
 
精神的に満たされているとき、人は力がでるものだと初めて実感した
 
 
 
落ちゆく夕日を眺めながら
 
 
 
オシャレな沼津の海岸に心を奪われながら
 
 
 

f:id:megaya0403:20150311223453j:plain


 

 
 
軽快に進む
 
 
 
 
身体はほんとにクタクタだった
 
 
 
何キロ進んだかもわからない
 
 
 
だけど気力だけはあった
 
 
坂になろうと荷物が重かろうと必死にこいだ
 
 
だんだんと暗くなってきた
 
 
 
静岡市に向う途中のバイパスにさしかかった
 
 
 
 
僕は必死に走った
 
 
 
 
道路は歩道がなく、四車線で車がスレスレで走っていた
 
 
自転車に荷物を積んでいたし、スピードも乗ってきていたので、少しでも車に当たればこけてしまう
 
 
 
とにかく走ることに必死だった
 
 
 
車の追い抜いていく風が背中を押す
 
 
バランスが何度も崩れそうになる
 
 
 
僕を邪魔だと思うトラックや車からのクラクションが何度も響く
 
 
 
足元も見えないほど真っ暗になる
 
 
後方からくる車のライトと街頭だけが頼りだ
 
 
 
 
地面が見えず、空き缶などが落ちていて転んでもアウトだ
 
確実に事故だ
 
 
車とトラックは途切れることなく、つぎつぎと僕を抜かしていく
 
 
 
ペダルを回してスピードをあげるたびに
事故、怪我、死への恐怖を感じる
 
 
しかしスピードをゆるめるわけにはいかない
 
 
歩道はないし真っ暗だし、一刻も早くバイパスを抜けなければならない
 
 
 
 
とにかく走ろう
 
 
 
恐怖もあったが、反対にアドレナリンもでまくりだった
 
ランナーズハイの状態になっていた
 
 
 
 
 
今は疲れも感じないしどこまでもいける!!
 
この感じならどこまで漕げる!!
 
 
 
おれはやれる!!
 
 
 
行くぞ!!
 
 
 
どこまででも行くぞ!!
 
 
 
なんだってやるぞ!!!
 
 
師匠!日本一周やり遂げます!!!
 
 
 
 
うぉぉぉおぉーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
 
 
ファイヤーーーーーーーー
 
 
 
 
やぁぁぁぁぁっぁぁああぁっぁぁぁーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ファン、ファン、ファン、ファン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「そこの自転車止まってー」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
はい
 
 
警察に捕まりました
 
 
 
 
 
なんかおかしいと思ってたんですよね
 
 
やたらクラクション鳴らされるし
道はやたらせまいし
暗い上に歩道はないし
 
 
 
 
 
警察「バイパスはねー
自転車走っちゃだめなんだよ!
知らなかった?」
 
 
 
 
と言われました
 
知りませんでした
 
 
バイパスって自転車走っちゃいけないんですね
 
 
どうやら話を聞くと、クラクションを鳴らしていたトラックの誰かが、通報した模様
 
暗くて看板も見えなかったので、自転車禁止の看板を見逃していたらしい
 
 
 
このとき僕はかつてないほどビビっていた
 
 
警察に捕まることにビビっていたのではない
 
 
 
警察に捕まって、強制送還されることにビビっていた
 
 
心の中の焦りがやばかった
 
 
しかし平静を保てば大丈夫
 
 
嘘をつかなければいい
 
過去に自転車を盗んで警察に捕まったときは、嘘をついてさらに酷いことになった
 
 
 
落ち着け
 
 
警察「君、職業は?」
 
 
僕「ニートです!!」
 
どん!
 
 
警察「ニートが旅ねぇ、、、」
 
 
 
 
と言っていたおっさん半笑い
 
 
僕のボロボロの体操服みたいな格好
 
ボサボサの髪の毛
 
自転車の荷物
 
そしてバイパスで捕まる世紀のアホ
 
 
 
 
 
そりゃ笑いたくなるわ
 
 
 
しかし警察の方々は日本一周していると話すと心よく会話してくれすぐにその場で帰してくれた
 
 
さらに道を教えてもらった
 
静岡の警察パネェっす
まじ心から感謝っす
 
 
 
 
 
そんでバイパスを下ると、そこは真っ暗な知らない街でした
 
 
 
けっこうな田舎でした
 
 
コンビニはおろかお店もなさ気な雰囲気でした
 
 
時刻は21時になろうとしていた
 
警察に捕まったことにより熱も一気にひいた
どっと疲れが押し寄せてくる
 
足がもつれそうになる
 
 
 
 
しかし寝る場所を探さなくては、、
 
 
 
先ほどと打って変わり、ふらふらと寝場所を探すもなかなか見つからず
 
 
 
声を周りにかけようとも人が全然いず
 
 
30分ほどウロウロしたのち、ようやく公園を発見!
 
 
 
やっと休める、、、
 
 
 
公園の水で頭を洗いーの
 
 
水をガブガブ飲みーの
 
 
やっとひと息つきーの
 
 
 
 

f:id:megaya0403:20150311223515j:plain


 

 
 
 
 
 
 
 
しかし夏場の公園は蚊がすごい!!
 
蚊にさされないように、
長袖長ズボンのウインドブレーカーを着て、
フードを被り、
顔にタオルを巻いて、
ミイラ男のような状態で、本日は公園のベンチにてお休みなさい                
 
 
 
 
 
 
 
 
場所

神奈川県 箱根 ~ 静岡県 由比
 

距離

約 83.8km
 
 
 
 
 
 
 
3日目はほんとにきつかったです
 
しかし箱根こえましたね!!
 
そしてかなり進みましたね!!さて次はどうなることやら!    
 
 
 
 
 
 
3日目にして学べたことがあります
 
 
これは世の中のルールです
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
バイパスを自転車で走っちゃいけない!!!
 
 
 
まじで死ぬ思いするからな!!!
 
 
 
 
 
 

バカリズムライブ 「宇宙時代」 特大号

バカリズムライブ 「宇宙時代」 特大号